義歯(入れ歯)

DENTURE DENTISTRY

  • 078-881-4182
  • 24時間受付中 WEB予約24時間受付中 WEB予約

オーダーメイドの
精密入れ歯でお悩みを解決

硬いものが噛めない、落ちそうになるなど、
お使いの入れ歯で不満を抱えてはいませんか。
お口に合っていない入れ歯を使い続けると心身ともにストレスがたまってしまいます。
神戸市灘区の歯医者 灘セントラル歯科では、
一人ひとりに合った精密なオーダーメイド入れ歯で
皆様の快適な生活をサポートします。

入れ歯でお困りでは
ありませんか?

  • 痛い
  • 話しづらい
  • 外れる
  • 吐き気がする
  • 臭い

入れ歯は、見た目も含め最終的な噛み合わせ状態まできちんと設計した上で作らないと、
患者様に合わない入れ歯になってしまいます。
灘セントラル歯科では、型取りと噛み合わせのチェックを入念に行い、
理想形に近いお口の中を再現します。

不快な入れ歯を我慢して使っている方へ
入れ歯のお悩みをチェック
  • 入れ歯が痛くて硬いものが食べられない

  • 話しづらい、発音が不明瞭になる

  • 食べ物がはさまりやすい

  • 装着していると違和感がある

  • 入れ歯が外れやすくフィットしない

  • 金属のバネが見えて見た目が気になる

一つでも当てはまる方は、ぜひ一度
歯医者へ足を運んでください!

ご要望に沿った
最適な入れ歯をご提案

*

まずは現状とご要望を伺います
入れ歯は大きく分けて、1〜数本の歯を失ってしまった場合の部分入れ歯と、全ての歯や大部分の歯を失ってしまった場合の総入れ歯があります。そしてそれぞれに保険診療のものと自由診療(自費診療)のものがあります。
まずはお口の状態を確認し、ご要望やお使いの入れ歯の不満点などを伺った上で、一人ひとりに最適な入れ歯をご提案してまいります。それぞれの素材のメリットやデメリットなどをわかりやすく説明いたしますので、ご不明な点があればお気軽にお尋ねください。
  • 保険診療の入れ歯

    部分入れ歯(クラスプは金属のみ)、総入れ歯(プラスチックのみ)

    保険診療では使える素材が限られており、人工歯と床(しょう=歯ぐきとなる部分)の素材は樹脂(プラスチック、レジン)のみ、クラスプ(留め具)は金属のみとなります。
    そのため総入れ歯の床部分のプラスチックは耐久性の問題から一定の厚みが必要になり、その厚さが原因で装着時に違和感が生じたり、食べ物の温度が遮断され味や温度を感じづらくなります。また、クラスプが金属なので場所によっては一目で入れ歯だと気付かれてしまうこともあります。

    メリット
    • 保険適用なので、費用負担を抑えられる
    • 修理が容易で破損などのトラブルにも迅速に対応できる
    デメリット
    • 変色やすり減りが起こりやすい
    • 食べ物の味や温度を感じづらい
    • 素材の都合上、厚みがあり装着時に違和感を感じる
    • 経年の利用で、臭いや汚れを吸着しやすい
  • 自由診療(自費診療)の入れ歯

    部分入れ歯(クラスプ無しも可)、総入れ歯(様々な素材)

    使い勝手の良さや審美性を追求して素材を自由に選択できるため、保険診療の入れ歯では避けられないデメリットを解消することができます。
    丈夫で生体親和性が良く金属素材やクラスプ(留め具)が必要ない素材、やわらかく安定感にも優れたシリコーン素材など、より見た目も使い勝手も良い入れ歯の制作が可能です。
    自由診療ならではの素材・技術によって機能性や審美性を追求し、理想に最も近付けたオーダーメイドの精密な入れ歯をご提供します。

    メリット
    • 軽く・薄く作れるので違和感や不快感を大幅軽減
    • 変形や破損に強く、耐久性に優れている
    • 自分の歯のように自然な見た目
    • 金属素材なら熱伝導率に優れ食事を美味しく食べられる
    デメリット
    • 保険適用の入れ歯と比べて設計が緻密なため、製作に時間がかかったり、破損時の修理が難しい
  • 当院おすすめの入れ歯の種類

    • BPS超精密義歯
      歯科先進国であるヨーロッパの最新技術を駆使して開発された「BPSデンチャー」は、アゴや筋肉の動き、咬み合わせや発音、歯の色や形など、細部に至るまで一人ひとりのお口の状態を正確に把握した上で製作されます。
      まるで本来のご自身の歯のように、自然な噛み心地や美しい見た目で、食事や会話の際により違和感が少ないことが特徴です。

      BPS

    • ノンクラスプ義歯
      樹脂の弾性を利用して装着するため、従来の入れ歯に付いているクラスプ(金属の留め具)が必要ない部分入れ歯です。
      歯を固定する装置と床部分が柔らかく歯肉に近い色の樹脂でできているため、入れ歯だと周囲から気付かれにくい自然な見た目に。また、保険の素材と比べて柔らかくクラスプが無いので、固定する周囲の歯を傷つける心配もありません。

      *

    • 金属床義歯
      歯肉に触れる部分が金属素材(コバルト/チタン/プラチナ)で作られた入れ歯です。
      熱伝導性に優れており食べ物の温かさや冷たさを感じることができるだけでなく、保険の入れ歯の3〜4分の1程度まで薄くすることができ、細かい調整がしやすいため装着時に違和感を感じることもほとんどありません。耐久性にも優れています。

      *

入れ歯のメインテナンス

*

入れ歯を長持ちさせるために必要なこと
せっかく作ったオーダーメイドの入れ歯ですから、長く愛用していただきたいと思います。そのためには、毎日のお手入れで義歯自体を清潔にしていただくのはもちろん、お口自体の健康維持も必要。なぜなら、入れ歯に汚れが溜まるとそれが口臭の原因となったり、土台の歯ぐきが歯周病により退縮したり支えとなる歯が虫歯などになってしまうと、最悪の場合 入れ歯を作り直さなければならない恐れもあるためです。
入れ歯を長持ちさせ、残った歯を守るためにも、毎日の歯みがきに加え、定期的に歯科医院でのお口のクリーニングや検診を受けることをおすすめしています。
  • NEWS お知らせ
  • BLOG&COLUMN ブログ&コラム
  • RECRUITMENT 採用情報
PAGETOP