インプラント

IMPLANT DENTISTRY

  • 078-881-4182
  • 24時間受付中 WEB予約24時間受付中 WEB予約

歯を失ってしまっても
快適な生活を

歯の本数が足りていない方は、食事がつらい、口元が気になって自然に笑えないなど、
発音や食事、見た目などに関して多くのご不満やお悩みをお持ちではないでしょうか?
神戸市灘区の歯医者 灘セントラル歯科では、
失った歯を取り戻してお悩みを解決いただけるよう、
「第二の永久歯」と呼ばれるインプラント治療にも対応しています。

当院が行う
安心のインプラントシステム

*

確かな品質の実績あるインプラントシステム
灘セントラル歯科では、豊富な臨床データと精密技術を基盤としたインプラントシステムを開発しているストローマン社のインプラントブランドの一つである「NEODENT(ネオデント)」を採用しています。
インプラント体の特殊な表面加工により骨への定着がスムーズで、1本の歯から全く歯のない状態でも施術可能な汎用性の高さと、土台との結合部分がより強固で歯のぐらつきを防ぐことのできる機能性の高さが特徴です。どのような骨質タイプにも対応することができるため、幅広い症例に対応することができます。
前歯部などの難症例は、
サージカルガイドを用いて
より安全・正確に

*

サージカルガイドとは文字通り外科手術を正しく誘導するために用いるもので、インプラント埋入時の位置、角度、深さを術前のシミュレーション通りに再現することができます。
下顎の骨の中を通っている神経を確実に回避し、適切な位置にインプラントを埋入できることで、前歯部などの難症例においても安全性を高められ、審美性と耐久性に優れた仕上がりとなります。

ブリッジ・入れ歯との比較

*

お口の状態に合わせた最適な治療法をご提案
これまで歯を部分的に失った場合は「入れ歯」、もしくは「ブリッジ」が一般的でした。しかし、周囲の歯への負担や、噛み心地、見た目での問題もありました。そういった従来の治療法の欠点を補い、周りの健康な歯を削ることなく、天然歯のような噛み心地と見た目を取り戻せる新しい治療法がインプラントです。
当院では無理にインプラント治療を勧めることはありません。お口とお身体の健康状況やご希望に合わせ、患者様のお口に最適な治療法をご提案いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。
  • インプラント
    *
    失った歯のあごの骨に人工歯根(インプラント体)を埋め込み、骨としっかり結合したら土台と人工歯を装着します。第二の永久歯と言われています。
    メリット
    • 自分の歯のような噛み心地
    • 天然歯と差異がない美しい見た目
    • 健康な歯を削る必要がない
    • 周囲の歯に負担をかけない
    デメリット
    • 保険適用外(自費診療)
    • 外科手術が必要
  • 入れ歯
    *
    失った歯が少数の場合は隣接歯を支えにクラスプ(留め具)をかけ、失った歯が多数の場合は粘膜の吸着力により人工の歯ぐき(床)を維持させます。
    メリット
    • 保険適用なら治療費の負担が少ない
    • 自由診療の材質を選択すれば見た目を天然歯に近付けることが可能
    • 比較的治療が簡単で短期間で終わる
    デメリット
    • 硬いものが食べづらい
    • 食べ物が挟まりやすく虫歯リスク大
    • 保険診療の部分入れ歯は、場所によって金属が目立つことがある
  • ブリッジ
    *
    失った歯の隣接歯を大きく削り、そこを土台として橋を架けるように連結された人工歯を被せる治療法です。多数の歯を失った場合には適応できません。
    メリット
    • 保険適用なら治療費の負担が少ない
    • 自由診療の材質を選択すれば見た目を天然歯に近付けることが可能
    • 他の治療と比べ、短期間で終わる
    デメリット
    • 周りの健康な歯を削る必要がある
    • 支えとなる左右の歯に負担がかかる
    • 食べ物が挟まりやすく虫歯リスク大
    • 残存歯数によっては適用不可

インプラント治療の流れ

  • *
    カウンセリング
    神戸市の歯医者 灘セントラル歯科では、インプラント治療を始める前に必ず問診・カウンセリングを行い、より最適な治療プランを提案できるようにしています。
    歯を失ってしまった原因は何か、インプラント治療にどのような回復を求めているか、インプラント治療に対する不安や疑問など、詳しくお聞かせください。
    1
  • *
    精密な検査
    安全で的確に治療するために、レントゲンやCT、口腔内の写真撮影・検査、血液検査など精密な検査を行い、患者様のお口、あご、お体全体の状態を把握していきます。
    ※検査結果からインプラント治療が適さないと判断する可能性もございます。その場合は、他の適切な治療法を提案させていただきます。
    2
  • *
    検査結果に基づく治療計画を立案
    カウンセリング内容と検査結果に基づき立案した治療計画をご提案します。必要なインプラントの本数や費用、期間など詳しく説明いたしますが、もし説明に不明な点がありましたら、小さなことでもお気軽にご質問ください。
    灘セントラル歯科ではインフォームドコンセント(説明と同意)を徹底し、治療計画をご理解・ご納得いただいた上で、本格的に治療を開始いたします。
    3
  • *
    安全に手術を行うための前処置
    より安全に・長持ちするインプラント埋入手術を行うために、口腔内の環境を整えていきます。
    事前の検査により虫歯や歯周病を発見した場合は先にその治療やクリーニングを行って口腔内をきれいにし、顎の骨が少ない場合は骨の再生治療などを行います。
    4
  • *
    インプラント埋入手術
    歯科用CTで事前に適切な埋入位置をシミュレーションし、それをもとにインプラント(人工歯根)をあごの骨に埋入します。
    手術が完了しましたら、翌日以降から普段と変わらない生活を送っていただけます。
    *

    お口とお身体の状態やインプラント埋入位置によっては、手術を2回に分ける「2回法」となります。
    インプラントを埋入する1回目の手術後、治癒期間を置いて骨との結合を待ち、2回目の手術で埋入箇所を再度切開してアバットメント(土台)を装着します。

    5
  • 治癒期間
    埋め込んだインプラントと顎の骨がしっかりと結合するように上部構造の装着まで治癒期間を置きます。患者様の年齢やお身体の状態、埋め込んだ場所によって治癒期間は異なりますが、平均して2〜6ヶ月程度かかります。
    治癒期間中に仮歯を利用することもできますので、希望される方はお気軽にお申し付けください。
    6
  • *
    上部構造の製作
    インプラントと顎の骨が結合したら、上部構造(人工歯、被せ物)をつくるための型取りを行います。この上部構造が歯の代わりとなります。
    型取り後1〜2週間ほどで上部構造はできあがりますので、一度装着し、様子を見ながら必要に応じて噛み合わせを調整していきます。
    7
  • *
    メインテナンス
    インプラント自体は虫歯になる心配はありませんが、インプラントを埋入した部分の歯ぐきが歯周病になってしまうことがあります(インプラント周囲炎)。歯周病が悪化するとインプラントが拔けてしまう危険性があります。
    インプラントを長持ちさせるためにも、歯みがきなどの毎日のケアはもちろん、クリーニングやメインテナンスを受けに定期的に歯科医院へお越しください。
    8
  • NEWS お知らせ
  • BLOG&COLUMN ブログ&コラム
  • RECRUITMENT 採用情報
PAGETOP